3Pを初めて経験した時の体験談について

3Pを初めて経験した時は相手が酔っていてそういった流れになり、最初は一人の女性だけを狙っていて一緒にホテルに行くという話になっていたのですが、後ろからその女性の友達の女性が追いかけてきて、自分も参加させろと要求してきたのです。

最初は嫌と思っていたのですが、狙っていた女性も途中から一緒にやろうという話になり、冗談っぽく言っていたのですが部屋に3人で入っていく流れになります。

3P経験は無かったですし、男1人と女性2人というパターンでそうなるとは思わなかったです。

相手女性はどちらも酔っていたので少しテンションもおかしかったですが、3人でベッドで戯れて脱がし合いっこしているうちに行為が始まる事になり、相手に舐めてもらった時には別に巧くは無かったのですが、2人に舐められるという経験は初めてだったのもあり妙に興奮し、相手女性もかなり興奮状態になっていました。

交互にはめたり舐めたり揉んだり、2人に体中を弄られたりと面白い体験であり、一発目を最初に狙っていた女性に出したのですが、もう一人の女性も要求してきたので継続する事になり、狙っていた女性は寝てしまったので、そこからは3Pではなく本命では無かった付いてきた女性とずっと普通にセックスしていた感じです。

こちらも段々と疲れてきて途中で眠ってしまい、朝起きた時に相手2人もシラフに戻っていたのですが、ハッキリと行為の事は覚えていたようで、朝起きてから再び2人から求められて行為を開始するという事になり、興奮はしましたがホテルを出る頃には疲れ果ててしまいます。

こちらも出し過ぎたので頭がフラフラしていましたし、その後3人でご飯を食べて連絡先を聞いて別れ、その足で仕事に行ってもその日はパフォーマンスは全然上がらなかったです。

射精数が多くて日中ずっと頭がフラフラとしてしまい、仕事のミスも多かったですが、未経験の事を行なえたのは楽しかったですし、その後何回か連絡を取って3人で遊ぶ事もあります。

セックスを無視した生活は考えられない

2015/12/15 | 真剣エロ話

 男性のセックスに対する本能的な衝動というのは、すさまじいものがあります。それはやはりとても動物的な衝動で、女性には悪いですが正直「誰彼構わず」したくなるときが普通の男性ならあります。特に、オナニーを我慢していたときは大変です。

 それが若いときならなおさらそうで、すぐに女性としたくなってしまいます。ただ、その気分に任せて行動をしたらすぐ犯罪になってしまうので、そこは我慢して何とかやり繰りします。

 彼女や奥さんがいる場合だと、その衝動がきたときすぐに相手と会ってしたくなります。ですが、その行程があまりにも動物的過ぎると、彼女や奥さんが受け入れてくれない場合もありますからそこは注意が必要です。本能的な感情が渦巻いているのに理性的になれというのは、男性にとってかなり厳しい要求です。男性の中には我慢できなくてかなり強引にセックスを迫ることがあるかもしれませんが、それは相手を傷つけたいわけで決してなく、むしろ心の底から本当に好きだからこそそういう行動に出ているのだと女性には理解して欲しいです。それほど「愛されている」ということなのです。

 男性がセックスをしていて絶頂に達する瞬間というのは、何にも代えがたい気持ち良さがあります。そのためだったら何でもしてしまいそうな快感で、一種中毒になってしまうのもしかたのないところです。それは女性も同じようなところがあるかもしれませんが、男性のほうがもっと直情的で激しいです。

 ドラマや映画や小説では、男女の恋愛が美しく描かれたりします。しかし、恋愛といっても行きつく先は最終的にセックスであり、そこにいたるための長い前フリが恋愛といえます。そういってしまっては身も蓋もないですが、人間といえどもヒト科の動物なのですからそれを恥ずかしがることはないです。異性と出会った瞬間にセックスの相性を考えてしまったりすることもあるなど、人間においてとても大切なことです。ですので、それを無視して生活することはなかなかできないのです。

若かりし頃に体験した3Pの思い出話

2015/11/30 | 真剣エロ話

人生で1度だけ3Pを体験したことがあります。かなり昔の話ですが親友と女性二人で飲みに行きました。
二次会でカラオケに行き終わった時には既に終電がありませんでした。
1人の女性の家が近かったので友人と私が泊めてもらうことになりました。
正直その女性の顔はタイプではありませんでしたが、友人とこれは3Pをする絶好のチャンスと盛り上がりこそこそ計画していました。

部屋で少し飲んで寝ることにしますが、布団が1つしかなく窮屈ながら3人並んで寝ます。
男なら素直にそのまま寝られる環境ではありません。女の子のエッチな行為に発展することを覚悟していたと思います。

りげなく手マンから始まりキスをします。そして全裸になり本格的な3Pに発展しました。
当時は一生懸命プレイしていましたが今思うと凄い光景だったと思います。あまり快感は実感できませんでした。何しろ大の親友に見られていますからね。そして親友も同じ女性にエッチをしてるわけですから何とも複雑な気持ちになります。

今は私も親友も結婚し子供もできました。お互い家庭を持ったことで会う機会は減りましたが、会うと必ず当時に話で盛り上がります。
そして男性同士で飲みに行った時も話のネタになります。プライベートで3Pを体験したことがある人はどの程度いるのでしょうか?

あまりそういった話は聞かないのでそれほど多くないと思います。アダルトビデオでは定番の行為ですが普通に生活していてこのようの機会は滅多にないと思います。
私もこの1回限りで今後も体験することはないでしょう。

風の噂ではその女性も結婚し子供もできたようです。もう何年も会っていないので久しぶりに会いたい気持ちはありますが、彼女にとっては迷惑かもしれませんね。
女性は男性と違って例え過去の話であっても触れられたくないかもしれません。
私は非常に貴重な体験ができたと感謝していますけどね。アダルトビデオを観ると当時のことを思い出し興奮が倍増します。
近々親友と久しぶりに会う予定なので、また思い出話に花が咲くと思います。

ライブチャットを利用する男性とは

2015/10/15 | 真剣エロ話

インターネットが普及したこともあり、以前に比べてライブチャットを利用する人がさらに増えたように感じます。中には無料ビデオチャットなどもあり、以前より利用しやすい環境が整っています。ライブチャットは女性が働く側として定着があり、女性と会話することがメインですが、ライブという名が付いてるだけあってリアルタイムで映像を見ることができます。そのため女性とのアダルト的な会話とともに、露出の高い服を着た女性が男性を喜ばせるような行動をすることがしばしばあります。ライブチャットの魅力としては、お互いが知らない人同士でも、一対一で会話をすることができるという点です。またどこかに出かける必要がなく、ライブチャットができる環境であれば在宅でもどこでも場所を選ばないのが魅力です。そういった利点もあり、多くの男性が利用することになりました。ライブチャットを利用する男性のイメージは、独身であまり社交的でないという勝手な印象がありましたが、実はそうではないこともしばしばあります。独身でなくても既婚男性が利用することも多いし、社交的な人も実は多く利用しているという実態に驚いた経験があります。どんな目的でライブチャットを利用するかは人にもよると思いますが、既婚者であれば自分のパートナーとの関係が気まずかったり、パートナーとは話せないような内容を話したりする傾向があります。知っている者同士で話すよりも、全く見知らぬ人の方が話せる内容もあるし、時には大胆な言動もできるのがライブチャットの醍醐味かもしれません。そのため年代や職種、既婚かどうか関係なく多くの男性から指示を受けているのがライブチャットと言えます。もちろん既婚男性であれば自分の家族やパートナーにはライブチャットを利用していることを言えない人がほとんどです。ライブチャットにはあまりいいイメージがないし、女性は特に敬遠する傾向があるからです。しかし自分の癒しやリフレッシュ、時には性的な満足のためにライブチャットを利用している男性が実は世の中には多くいます。

3Pはやっぱりタイプの違う2人としたいと考える

2015/10/06 | 真剣エロ話

3Pをするといった場合に想像することの一番目として、やはりどういった2人とプレイするのかということでしょう。
確かに3Pをする場合には相手の2人は重要で、やはり2人とも同じような、自分の性癖にあった2人を選ぶという手段もあるのですが、やはりせっかくの3Pであれば別々のタイプの2人がおすすめです。
たとえば、片方が強きな女の子だった場合には、やはりもう一人はおとなしめの女の子がオススメで、どちらも強きな女の子では楽しさが半減してしまいます。
別々の女の子を呼ぶことによって、それが化学反応をおこして面白くなるということも、あるというわけです。
実際におとなしめの女の子と強気の女の子を呼んだ時の魅力としては、やはり話がはずんでいく女の子から攻めていくことが多いので最初に強気の女の子から攻めていると、そのうちにおとなしめの子がどんどんと積極的になっていくのです。その時の反応などを想像してみると、それだけでおかずになりますね。
それで、今度は強気な女の子を責めるのをやめて、おとなしい子の股間とかを弄ってあげると、やはり強気の子がもっと積極的になってきます。
また強気の子に戻ると、おそらくおとなしめの子は我慢できずに自分から股間を舐めたりとか弄りにくるはずです。
そうなったら盛り上がってきた証拠で、この辺で女の子2人にキスをしてもらいましょう。
何故女の子同士でキスをしてもらうのかといえば、もちろんそうすることによって、2人も仲良くなっていき、さらにプレイが楽しくなるからなのです。
このくらいになったら片方ずつなんて言う意地悪なことはやめて、両手を使って2人ともいっぺんに弄ってあげましょう。
もちろん女の子たちをイかせたら今度は自分の番で、股間を舐めてもらうわけですが、この時一本の竿を2人に奪い合うように舐めてもらうと、まるでゲームのようで大興奮です。
最後は片方に顔にのってもらって、もう片方と楽しむというのが基本になっています。

今日のデリヘルは爆乳のEちゃんに大興奮でした

今日のデリヘルはとんでもない爆乳の女の子と出会えました。
初めてのお店だったんですが電話してみて良かったです。
「どんな子がご希望ですか?」
「若くてスタイルの良い女の子いますか~?」
「ちょうどおっぱいの大きい女の子がいるんですけど、おすすめですよ~」
「お~巨乳ですか?その子でお願いします」
どんなおっぱいなんだろうと期待して待っていると30分ほどで到着しました。

彼女は22歳のEちゃん。
顔は童顔なのに、服の上でもはみ出しそうな反則級の爆乳!
こんなおっぱいの子は都市伝説かと思っていましたが本当に実在するんですね。
初めての体験で大興奮です。

まずは一緒にシャワーを浴び、そこでEちゃんの爆乳をこっそり観察します。
ちょっとヤバい・・ヤバすぎです。
なんだこのおっぱいは!
おっぱい以外はむしろすらっとした体型なのに、おっぱいだけが爆乳!
こんな子がいたら、周りの女性は嫉妬してたまらないでしょう。

ベッドで先に待っているとEちゃんがバスタオル1枚で出てきます。こんな美少女セックスできたらどんなにいいか。ソープじゃないんでそこは我慢。
ちょっと恥じらっている姿が可愛らしくてたまりません。
さっそくベッドに横たわらせバスタオルを脱がすと、さっきみたはずのおっぱいがさらに目の前に飛び出してきて大興奮。
乳輪は大きいですが、童顔のEちゃんがそんな乳輪だと思うとギャップを感じて余計に興奮します。
真ん中の突起を愛撫していくと徐々に可愛い喘ぎ声をあげています。
そして下へ下へと愛撫を進め、クリとアソコを丁寧に愛撫しました。

でももうEちゃんを感じさせるよりもEちゃんのおっぱいで感じさせて欲しいと欲望がMAX。
パイズリをお願いしました。
Eちゃんがおっぱいの谷間に肉棒をうずめると、あっという間に谷間に隠れて行方不明になっていまいました。
Eちゃんが上下交互におっぱいを動かすと、少し擦られるだけで刺激がとんでもないことになっています。
「あぁぁ~、揉まれたままイッてもいい?」
「うん、いっぱい出していいよ~」
もうその言葉を言い終わる前に限界が来てしまい、勢い良くEちゃんのおっぱいやら顔にやらに飛び散ってしまいました。
「いっぱい出たねぇ~」
Eちゃんは少し笑いながら僕をいじっていました。

たまたま電話して会ったEちゃん。
しばらく彼女のリピート確定です。

アダルトビデオの再生について

人間にとって性欲解消をする事は大切です。しかし性欲解消するためには基本的に相手が必要になります。パートナーを選ぶ時は個人の好みが非常に重要であるため、妥協が出来ない人は相手が存在しない事もあり得るのです。そうなると性欲の解消のハードルは上がるため、自分だけの力で何とかしなければなりません。しかし世の中には性欲解消をサポートするアイテムが存在しています。それは見目麗しい女優が活躍しているアダルトビデオです。アダルトビデオで出演する人は、基本的に顔が綺麗でスタイルが優れています。理由は会った事もない人で性欲解消するなら、見た目が充実している方が都合はいいからです。幸いな事にアダルトビデオの作品は数多く存在しており、好みの女性を見つける事は簡単だと言われています。しかし映像作品を再生するためには、再生出来る機器とテレビが必要なのです。自室に道具が無ければ映像作品の再生に苦労する事になります。ただ性欲解消の重要性は成長している人間であれば誰でも知っています。つまり家計に余裕があれば年頃の人間には、プライベート空間が設けられている事が多いのです。よって一人になれる空間を確保する事は難しくないと言えます。仮にアダルト用の映像作品を自宅で見る事が出来なければ、個室ビデオ店を利用する事で問題を解決可能です。個室ビデオ店ではアダルトビデオが多数用意されているため、自分で映像作品を見繕う必要がありません。つまり性欲解消に不自由している人にとって、個室ビデオ店は非常に役立つ施設なのです。またはインターネットを使える施設を活用するという方法もあります。大人用の映像作品はビデオやディスクだけではありません。最近ではインターネット回線が強力になっているため、アダルトビデオの映像作品をネット経由で閲覧可能なのです。つまり再生機器を用意しなくてもネット回線が確立しているなら、気になっている大人用の映像作品を見れる可能性があります。無修正 美少女動画もきっとすぐに見つかることでしょう。それだけネットの世界はアダルトコンテンツに事欠かないのです。

初の3P体験、エロさよりも楽しさを感じました。

男性なら一度は複数プレイをしてみたいという願望をお持ちかと思います。私もやってみたい気持ちはあったのですが、その状況をなんとか作ろうなどとはした事がありませんでしたので、なかなか体験出来ませんでした。
しかし最近偶然にも3Pを体験する機会がありました。
それは女友達の家に仕事の話でお邪魔した時です。その子は知り合って半年くらいで、仕事をちょくちょく一緒にする機会があって仲良くなっていました。仮にA子とします。A子はかわいい子なのですが仕事の関係もあって、手を出そうなどとは思っていませんでした。その日仕事の話でその子の家に行ったのですが、A子の女友達も別の仕事の件で来ていて、お互いの事業なんかについて話す流れになりました。友達の子はB子とします。B子もかわいかったので、それだけで楽しい時間だったのですが、仕事の話が一段落すると酒でも飲もうかという展開になりました。これはもしかして…と、その時点で下心満載。3人ともハイペースで飲んでいたためすぐに酔っ払い、部屋の照明を暗めにしていた事もあってなんだか良い雰囲気になってきました。
特にA子がかなり酔っぱらって来て、次第にエロトークが開始されました。A子は一応彼氏がいるとの事だったのですが、最近セックスレスでつまらないという話に。B子もそれに乗り、自分もしばらくご無沙汰と言い出しました。B子はA子を煽るように、セックスレスなら私さん(僕の事です)に相手してもらえば?と強調し始めました。B子が途中でコンビニに行くと言って部屋を出たのですが、その瞬間A子がそばに寄り添って来て、酔ったテンションのままディープキス。B子が帰って来ないか心配でしたが、乳首を攻めたり手マンしたりと、完全にセックスの流れになっていました。A子にフェラをしてもらってる最中にB子が帰って来て、まずい…と思ったのですが、B子は「あーいいなぁ」と言う程度で、あっけらかんとしています。
そこからB子も「私にもしてよぉ」とせがんで来て、3P開始となりました。3人とも酔っていた事もあって、A子の体を私とB子の2人で攻めるなど、エロさ全開のプレイをしていました。しかし私はその時、エロさよりも楽しさを感じていて、やたらハイテンションにセックスを楽しんでいました。
エロい雰囲気よりも明るく楽しい雰囲気というか、3人で子供のように遊んでるかのようなテンションでした。
3Pは夢のような行為でしたが、実際してみるとそんなに衝撃的でもありませんでした。
もちろんまた機会があればしたいですが、A子B子にこちらからお願いするのも気が引けますし、また偶然3Pの出来る状況になれば嬉しいなーと思っています。

男が1度は体験したい3P

男であれば1度はやってみたいと思うプレイがあります。それは夢のようなことであり、普通ではまずできそうもないことですがそれに対する憧れはかなり強いものがあります。それが3Pというものです。これは男が2人になることもあれば女の子が2人で男が1人ということもあります。どちらも興奮するプレイになることは間違いなく、かなりのエロティックなことであるのです。そしてこうした乱れた行為がどれほど気持ちがよく快感なのかは経験してみないとわからないことです。アダルトビデオにおいては定番ともいえるシチュエーションですが、何度見ても興奮してしまうものです。あんなにかわいい女の子が男のアレを2つくわえるというのはかなり刺激的なことなのです。

こうした3Pを経験するためには、そうしたことができるお店にいくことや乱交パーティなどに参加することが必要になるかもしれません。あるいは自分の彼女がかなり開放的でそうしたことに興味があるということであればそれができるかもしれませんが、多くの場合男性が2人で女性が1人というパターンが多いのではないかと思います。アソコと口を常に使ったプレイになるので女性にとっては忙しいとは思いますが、男としては女の子をとことんまでイカせることができるので興奮するのです。そして性に開放的な女性は男2人であればOKしてくれるかもしれませんが、女性が2人で男が1人というと抵抗があるかもしれません。女性の体を比較されるので嫌かもしれませんし、体に自信がないと恥ずかしくなってしまうものです。とはいえ、男としての憧れはやはり女の子2人から攻められることであり、同時に攻めてみたいというものです。アレが1つしかないのに女の子2人をイカせるようにするというのはかなりのテクニックがいりますが乱れたセックスで興奮してみたい、女の子にとことんエッチなことをされたいという願望は強いのです。3Pは男にとって夢ですが、夢で終わりたくないと思っていますので1度は経験したいのです。

3P体験を求めているのは何も男だけじゃない

一度は3Pを体験してみたいと考えている男性は、実はかなり多いのではないでしょうか。
しかしその敷居は想像よりも遥かに高く、たとえナンパなどを平気で出来る男性であっても、簡単に体験することは難しいというのが実情です。
ではなぜ難しいのでしょうか?
それは、「3Pがしてみたいと相手の女性に伝えられない」ことが一番の原因です。
そんなことを言って、もし変な男だとか、危ない男だとか思われたらどうしよう…
そんな迷いや葛藤が、自分の欲求を実現するためのブレーキになってしまっているのです。
そこで重要なのは、まず「3Pを求めているのは何も男だけじゃない」ということをしっかりと理解する必要性です。
私も若いころはよくナンパをしていました。
そして数を重ねるごとに、相手の女性によって本当に様々な性癖があるものだと実感するようになっていきました。
そしていつの間にか、相手の性癖を引き出しつつセックスを行うことが、私の一番の快感になっていったのです。
しかし、そんな快感があるとき壁にぶつかります。
私には元々3Pを体験してみたいという願望がありましたが、1対1でセックスをしている限り、その願望はいつまで経っても満たされないからです。
上にも書いた通り、私もそれを言葉にしてよいかどうか大変悩みました。
ですがそれは、リスクを大きく捉えすぎているに過ぎなかったのです。
あるとき私は自分の欲求をおさえることが出来ず、ついに相手の女性にそのことを告げてしまいました。
しかし意外なことに、相手の返事は拍子抜けするぐらいにあっさりと「YES」だったのです。
私と同じ欲求を抱えている男性に伝えたいのは、自分の中で無理だと決め付けないということです。
もちろん男性ほどそんな欲求を抱えている女性はいないかもしれませんが、現実にいるということもまた事実なのです。
まずは一言発する勇気を持ち、とにかく相手の意思を確認してみることが、何よりも大切だと考えます。
そして3P体験を思い切り楽しむために、避妊と相棒の男性探しも忘れないようにしてください。

no image
3Pを初めて経験した時の体験談について

3Pを初めて経験した時は相手が酔っていてそういった流れになり、最初は一

no image
セックスを無視した生活は考えられない

 男性のセックスに対する本能的な衝動というのは、すさまじいものがありま

no image
若かりし頃に体験した3Pの思い出話

人生で1度だけ3Pを体験したことがあります。かなり昔の話ですが親友と女

no image
ライブチャットを利用する男性とは

インターネットが普及したこともあり、以前に比べてライブチャットを利用す

no image
3Pはやっぱりタイプの違う2人としたいと考える

3Pをするといった場合に想像することの一番目として、やはりどういった2

→もっと見る

PAGE TOP ↑